【会員様限定! 4/17 00:00~4/17 23:59 インナー全品5%OFF】レディース 3層吸水シート 吸水量10-15ml 抗菌防臭 コットン 婦人 女性 フクスケ fukuske 満足Styling(スタイリング): 吸水サニタリーショーツ 無地レース スタンダードタイプ 昼用 軽い日用 (37-4601)

商品番号 57-37-4601
通常価格 ¥ 1,760 のところ
販売価格 ¥ 1,232 税込
会員特別価格 ¥ 1,170 税込
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
ブラック090
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
レッド・ピンク系180
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
ネイビー・ブルー系770
[ 11 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
カラー サイズ
ブラック090
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
  • L
レッド・ピンク系180
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
  • L
ネイビー・ブルー系770
レディースインナー吸水サニタリーショーツ昼用スタンダードコットン
  • L
  • M 残りわずか
販売期間
返品特約について

\新規お友達追加で5%OFFクーポン配布中/

LINE友達登録
送料
480(税込)ゆうパケットご利用時:270
※メール便対象商品にはゆうパケットOKのマークがついています。
※対象点数を超える場合はメール便をご利用いただけません。
ゆうパケットについて詳しくはこちら
沖縄・北海道は1,100(税込)
1配送先につき、商品代金3,980以上(税込)ご購入のお客様は無料となります。

※同カラー/サイズを複数点ご購入の場合は、ショッピングカート画面にて、数量を選択してください。

普段のショーツと同じ感覚ではける、すっきりとしたデザインのサニタリーショーツ。中の吸水体が経血や水分をしっかりと吸収し、気になる臭いを抑制する抗菌防臭加工を施しています。肌に触れる見生地部分は綿90%使用で、お肌にもやさしいのも嬉しいポイント。快適性と機能性を両立した吸水サニタリーショーツです。

※商品画像は、お客様のお使いのモニターや部屋の環境等により、実際の商品と色味が多少異なる場合がございます。

品番57-37-4601
原産国中国
組成綿90%ポリウレタン10%
サイズM,L
カラーブラック090,レッド・ピンク系180,ネイビー・ブルー系770
特徴・綿混・抗菌防臭加工・スタンダード(昼用)
注意事項・洗濯ネット使用
・淡色は蛍光増白剤禁止
・分別洗い
・形を整えて干す
・洗濯前に吸水面を汚れが出なくなるまで洗って下さい。
・色落ちの原因になりますので長時間のつけ置き洗いはお控え下さい。
・吸水力が落ちるため柔軟剤、乾燥機のご使用はお控え下さい。
・洗濯後も臭いが気になる場合は汚れが落ちてないか乾燥が不十分な可能性があります。
商品詳細をもっとみる


















よくある質問

福助とは

福助は足袋装束店として明治15年に創業。140年もの長い歴史の中で培った技術で、現在は靴下・ストッキング・下着にまで事業領域を拡大している。はき心地や着用時の美しさが好評でロングセラーを誇る「福助足袋」やストッキング「満足」といったオリジナル製品の他、多くの有名ブランドのライセンス製品まで幅広く展開。お客様に「福」を感じていただけるようなモノづくりやサービスを目指している。

福助の由来は?

“丸福”の商標は、創業者の辻本福松が自分の名前の一字を取って店名としたもので、商標登録もされていましたが、和歌山の丸福足袋坂口茂兵衛から、先に“丸福”を使用しているということで商標取り消しの訴えがありました。結果は敗訴。商標の取り消しを命ぜられます。そんな時、娘婿の豊三郎が伊勢大神宮参宮の帰途に、古道具屋で福々しい福助人形に出会うのです。そして、胸をうたれた豊三郎は、「これを新しい商標にしよう」と買い求め、福松持ち前の絵心を発揮し、福助像をしたため特許局への登録手続きをしました。晴れて商標が認可され、“福助”が誕生したのです。

カートに追加しました。カートページにて点数を選択いただけます。

買い物を続ける 購入へ進む