満足 美温活: よもぎ蒸し心地 ショーツ 1分丈 (37-4704F)

商品番号 57-37-4704f
販売価格 ¥ 1,650 税込
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
ブラック090
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
Dレッド102
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
ピンクベージュ350
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
ネイビー702
  • ゆうパケットOK
[ 15 ポイント進呈 ]
返品特約について
カラー サイズ
ブラック090
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
  • M
Dレッド102
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
  • M
  • L
ピンクベージュ350
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
  • M
  • L
ネイビー702
レディースインナー無地抗菌機能生分解性あり
  • M

\新規お友達追加で5%OFFクーポン配布中/

LINE友達登録

※同カラー/サイズを複数点ご購入の場合は、ショッピングカート画面にて、数量を選択してください。

普段はいているショーツをこのアイテムに変えるだけで、気軽に温活できちゃう!美温活ショーツです。まるで「よもぎ蒸し」のようにデリケートゾーンから温められる新感覚ショーツです。シンプルなデザインなので毎日でも着用しやすく、気軽に温活出来るアイテムです。ムレにくさや、抗菌機能など、機能性抜群です。ストレッチ性があり動きやすく、マチ部分の3層構造によりあたたかく、冷えが気になる方に嬉しいアイテムです。体の中心からじんわり温か、新感覚の美温活ショーツです。カラーは4色展開と豊富です。

※商品画像は、お客様のお使いのモニターや部屋の環境等により、実際の商品と色味が多少異なる場合がございます。

品番57-37-4704f
原産国中国
組成身生地:ナイロン35%・レーヨン30%・綿20%・ポリウレタン15%,【マチ部分】肌側:綿85%・ポリエステル15%,発熱素材:キュプラ56%・アクリル22%・レーヨン22%
サイズM,L
カラーブラック090,Dレッド102,ピンクベージュ350,ネイビー702
特徴・1分丈・無地・抗菌機能・ムレにくい・生分解性あり
サイズ詳細【M-Lサイズ】ヒップ:85-98cm
【L-LLサイズ】ヒップ:90-103cm
商品紹介じんわりよもぎ蒸し心地 ショーツ 抗菌防臭 マチ部分あったか仕様 よもぎ蒸し感覚 マチ部分3層構造 肌に触れる部分綿100%パイル+よもぎ加工 吸湿発熱素材 ストレッチ素材 温かさの秘密はマチ部分 マチ部分ポカポカ素材でデリケートゾーンからあったか美温活ショーツ! 寒さが気になる方はカラダの中心やお腹周りを温める事が大切です。 毎日はくショーツで楽に美温活したい方 お腹まわりを温かくしたい方 あったかいショーツでもかわいいデザインが良い まるでよもぎ蒸し感覚 人と地球にやさしい発熱素材 環境に優しい発熱素材を使用しています。 ※マチ部分の一部は旭化成のベンリーゼ?が使用されています。 吸湿発熱機能 吸放湿性があり、ムレにくい 抗菌機能 生分解性あり ※町の二層目の発熱素材に関する機能性 鼠径部くい込みにくい仕様で快適 ほどよいストレッチ生地
注意点※よもぎ蒸しの効果を保証する商品ではございません
送料
480(税込)ゆうパケットご利用時:270
※メール便対象商品にはゆうパケットOKのマークがついています。
※対象点数を超える場合はメール便をご利用いただけません。
ゆうパケットについて詳しくはこちら
沖縄・北海道は1,100(税込)
1配送先につき、商品代金3,980以上(税込)ご購入のお客様は無料となります。


















よくある質問

福助とは

福助は足袋装束店として明治15年に創業。140年もの長い歴史の中で培った技術で、現在は靴下・ストッキング・下着にまで事業領域を拡大している。はき心地や着用時の美しさが好評でロングセラーを誇る「福助足袋」やストッキング「満足」といったオリジナル製品の他、多くの有名ブランドのライセンス製品まで幅広く展開。お客様に「福」を感じていただけるようなモノづくりやサービスを目指している。

福助の由来は?

“丸福”の商標は、創業者の辻本福松が自分の名前の一字を取って店名としたもので、商標登録もされていましたが、和歌山の丸福足袋坂口茂兵衛から、先に“丸福”を使用しているということで商標取り消しの訴えがありました。結果は敗訴。商標の取り消しを命ぜられます。そんな時、娘婿の豊三郎が伊勢大神宮参宮の帰途に、古道具屋で福々しい福助人形に出会うのです。そして、胸をうたれた豊三郎は、「これを新しい商標にしよう」と買い求め、福松持ち前の絵心を発揮し、福助像をしたため特許局への登録手続きをしました。晴れて商標が認可され、“福助”が誕生したのです。

カートに追加しました。カートページにて点数を選択いただけます。

買い物を続ける 購入へ進む