fukuske

NENGYOKU年玉紹介

福助では毎年「お年玉人形」として
「十二支福助」を作っています。
昭和43年からその年の干支をモチーフとし、
本年で52体となりました。
(※市販等は実施しておりません。)

人形作りの工程

2020

神使子福助 令和2年 子

白ねずみは福の神である大黒天の使いとされ、古くから吉兆の証しとして崇められてきました。人々に多くの富をもたらすと共に、あらゆる災厄から家を守るとされています。商売繁盛、家内安全。神の使いである白ねずみを掲げた福助人形が令和の御代も皆様に幸せをもたらします。

